集合住宅模型

不動産投資を始めるならトーシンパートナーズへ相談しよう

誰でもできる不動産投資

男性

サラリーマンでもできる不動産投資としてワンルームマンション投資が人気です。人気の理由は、貸し出したワンルームの家賃で購入時のローン支払いができるという点です。自分でローンの支払いをしないでワンルームという資産を手にできるのです。収益物件を購入できれば安心です。大学に近い物件なら入居者を確保できます。

Read More

利益を得る

メンズ

コインパーキング経営は、様々なメリットや注意点があります。また、自分たちで管理する方法と管理会社に管理を委託する方法とがあります。また、設備もバーのあるタイプ、ノック式などがあり、さまざなま選択をしていかなければいけません。

Read More

利回りが重視されます

住宅模型

所在地で評価は異なります

賃料収入が入る収益物件は収益還元法で価格を算定するのが基本です。期待される利回りは土地の価格が高い場所の方が低くなります。都心の物件であれば土地の価格が高いので利回りは低くても収益物件としての評価は高くなります。郊外の物件であれば土地の価格が低いので高い利回りを期待されます。収益物件の買取価格は収益還元法で算定されるのが基本ではありますが、物件の土地の路線価、公示価格なども無視することはできません。最終的には物件そのものの価格として路線価なども参考にされて買取価格が決定されるのです。物件を購入する立場では利回りを重視しますが、将来的に土地として譲渡することなども考慮するいいでしょう。トーシンパートナーズなどの不動産会社でも、将来性を見据えて物件紹介を行なってくれます。

現況が重要になります

収益物件の買取価格には現況が重要になります。現在の入居率と周辺相場と比較した賃料水準です。買取価格を算定する場合に、現況は重要であって、入居率が高くて賃料水準が高い物件は高利回り物件になります。入居率と賃料水準は相反する関係にあって、一般的には賃料水準が低ければ入居率は上がり、賃料水準が高ければ入居率は下がります。高い入居率と高い賃料水準を維持するためには、物件の立地、メンテナンスの状況、築年数、物件のブランドなどの諸条件が関係します。収益物件の買取価格は利回りと現況に加えて、そもそもの土地の路線価などの条件を総合的に考慮して決定されます。利回りが重視されますが、土地の価格も無関係ではありません。そのため、トーシンパートナーズなどの不動産会社としっかりと確認や相談をしながら決めていきましょう。トーシンパートナーズでは、様々な物件が用意されているので、色々と比較した上で決めることが可能となっています。

長期的スタンスを取ろう

つみきと電卓

個人が中古マンション等で不動産投資をするのであれば、短期で売買を繰り返すよりも長期スタンスで保有することを考えましょう。不動産売買はコスト負担が大きいため、短期の売買をするときには注意しましょう。

Read More